歯科治療
 

歯科口腔外科からのご案内 〜親知らず抜歯について〜

 親知らず抜歯で顎の骨を削る、歯を細かく割るなどの操作が必要になると、抜歯に時間がかかり、体への負担が大きくなる場合があります。当科では可能な限り安全かつ安心に親知らず抜歯を受けて頂けるよう以下の対応をさせて頂いています。

①親知らずの評価
 親知らずの向き、深さ、神経との位置を正確に把握するため必要に応じて3次元的な画像評価(CT)での精査を行っています。平面のレントゲンでは十分に評価できない場合があります。
 CTで複数の方向から見ることで親知らずの状況をより正確に把握することができます。またCTのデータから顎の骨を立体的に構築することも可能です。

②十分な説明
 親知らずの状況を視覚的に理解頂くため、当科ではモニターでレントゲンやCTの画像を示しながら説明するよう努めています。モニターは各診察台や面談室にて用意できます。説明の際に不明な点がございましたら、お気軽に聞いてください。

③手術方法の選択
 当科では抜歯の難易度や患者さんの不安の程度に応じて、抜歯は部分麻酔、静脈内鎮静法、全身麻酔から提案しています。
部分麻酔は親知らずの周囲に麻酔の注射をする方法、静脈内鎮静法は点滴を使って不安や恐怖を軽減する方法、全身麻酔は完全に眠った状態にする方法です。いずれの方法も抜歯に対して行う一般的な麻酔の方法になりますが、患者さんの状況により選択できない場合もありますので、担当医と十分に相談の上、ご検討ください。静脈内鎮静法や全身麻酔は入院や検査が必要ですが、一度に複数の親知らず抜歯を行うことが可能になります。